トップページ > 

イベント情報

光のページェント TWINKLE JOYO 2017

【ライトアップ期間】 2017年12月1日~12月25日 17:30~21:30

【場所】 鴻ノ巣山運動公園 (京都府城陽市寺田奥山 城陽市総合運動公園)

【アクセス】
◆公共交通機関
JR奈良線城陽駅から城陽さんさんバス「プラムイン城陽行」で10分、鴻ノ巣山公園下車すぐ。
◆お車でお越しの方
京奈和自動車道城陽ICから国道24号線を経由し、府道256号を鴻ノ巣山運動公園方面へ車で4km。駐車場有(1000台)。車での来場の際には警備協力金500円に協力を。

詳しい情報は城陽市観光協会(0774-56-4029)

平成24年度城陽市自殺予防対策事業 市民公開講座
「大切な人を亡くすということ」

ワークショップテーマ
「死別を支えるコミュニティづくり~今、私たちにできること~」
申込不要・参加無料

大切な人を亡くした時、人は悲しみ(悲嘆:グリーフ)をはじめ、いろいろな感情、想いを抱きます。病気や事故、そして自死や災害を含め、さまざまな理由で大切な人を失うことは、いつかは誰もが経験しうることです。また、大切な人を亡くした後のケアとして「グリーフケア」の重要性が注目されています。

今回は尾角氏をお招きし、御講演いただくとともに、「ワールドカフェ」という参加者同士がカフェのような雰囲気の中での対話をベースに、新たな気づきやアイデアを創出するワークショップ形式を取り入れ、「大切な人を亡くすということ」について考える機会としたいと思います。

【日時】 平成24年10月20日(土) 10:00~12:00(開場 9:30)

【場所】 城陽市立福祉センター 1階ホール

【会場アクセス】 城陽市役所西隣(京都府城陽市寺田東ノ口17番地)
◆近鉄寺田駅から東へ徒歩約15分
◆JR城陽駅から西へ徒歩約5分
◆京阪宇治バス「城陽市役所」下車すぐ

【タイムスケジュール】
10:00 開会
10:05~10:45 講演
10:45~ 休憩
10:50~11:50 ワークショップ
11:50~ 質疑応答
12:00 閉会

【講師】 尾角 光美(おかく てるみ)氏

2003年19歳で母を自殺により亡くす。翌年からあしなが育英会で病気、災害、自殺、テロ等による遺児たちのグリーフケアに携わる。2006年以来、自殺予防や自死遺族のケアに関する講演に呼ばれ、自治体、学校などで講演や「いのちの授業」を続ける。2009年リヴオンを立ち上げ『102年目の母の日』(長崎出版)編著。母を亡くした人に毎年母の日を届ける。同年、自殺で親を亡くした若者の支援スタート。死別を経験した誰もが、必要とするサポートにつながる社会の実現を目指している。

pdfアイコン 詳細パンフレットはコチラからご覧いただけます。

※PDFファイルの表示には最新のADOBE READERが必要です。コチラよりダウンロードしてください。

チェリー工房販売イベントについて

城陽市役所販売(城陽障害者就労促進授産支援ネットワークによる販売)
【場所】城陽市役所 1階
【日時】第2・4木曜日 11時~14時
【販売内容】他の作業所製品とともに、アクセサリーを販売しています。

このページの一番上へ